「エコキュート」を付ければ省エネになる‘‘って聞きますよね。
エコキュート
どうしてエコキュートを付ければ省エネになるのでしょうか?



<ヒートポンプを使うので高効率>
エコキュートの正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」といいます。
エコキュートは空気中の熱を利用して熱エネルギーを作るヒートポンプ式の給湯器です。

ヒートポンプとは熱を低温部から高温部へ移動させるという意味です。
タンクの横にあるエアコンの室外機みたいなものがヒートポンプユニットです。

投入する電気エネルギーの3倍以上の熱エネルギーを出すことができるので、
効率よく経済的にお湯を沸かすことができます。
(電気の使用量は電気温水器の1/3)
エコキュート省エネ




<お湯ができるまで>
①大気中の熱を取り込む
 吸い込まれた熱は空気熱交換器で自然冷媒がしっかり吸収します。

②圧縮して高温にする
 熱を吸収した自然冷媒は圧縮機によって圧力をかけられ高温になります。

③自然冷媒の熱を水に伝える
 水熱交換器で高温になった自然冷媒が熱を水に伝えてお湯になります。

④お湯をタンクに貯める
 出来たお湯はタンクに貯まり、台所やお風呂で使えるようになります。

⑤膨張弁で温度を下げる
 水熱交換器で熱を水に奪われた自然冷媒は膨張して①に戻る。

エコキュートイメージ

<夜間電力を使うのでお得>
エコキュートは夜間の電気を使ってお湯を沸かすのが基本です。
各電力会社の電気料金は夜間が割安なので、その時間帯にお湯を沸かします。
昼間のピークの時間帯に電気を使わないのでピークシフトにもつながります。



エコキュートとは、もともと高効率で少ない電気でお湯を沸かせます。
更に割安な夜間電力を使用することで、大幅に電気代を下げることができます!!

<関連情報>
ネオキュートって何?
エコキュートを上手に使って省エネ・節電!
エコキュートの騒音対策。
エコキュートを上手に選ぶ5つのポイント!




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村