新電力とは

2016年4月から「電力小売自由化」
が始まります。
これに伴い最近よく聞かれるようになったのが「新電力」です。



一般家庭の電気は各地域にある電力会社から購入しています。
この電力会社のことを「一般電気事業者」といいます。
今までは電気の販売はこの「一般電気事業者」が独占していました。

それが規制緩和などにより電力会社の送電設備や電線を通じて電気の小売りをする事業者を
「特定規模電気事業者(PPS)」といい、これを通称:「新電力事業者」→「新電力」
と呼んでいます。
つまり「新電力」とは従来の○○電力に代わって新しく電気を供給してくれる企業ということになります。
現在新電力は650社を超え、商社や通信事業者、ガス会社など他業種からもたくさん参入してきています。

新電力の主な電力の調達方法は
・自社発電所で発電
・企業の余剰電力を買い取り
・電力会社から買い取り
・卸電力取引所で購入
となっています。


<新電力の目的>
今までは家庭の電気は基本的に1社独占状態でした。
他の業種でも1社独占状態というのはサービス面で不満がでることもしばしば・・・。
競争相手がいないと消費者が喜ぶサービスや技術の向上が必要なくなるからですね。
電気に関しても値上がりはあるものの、値下げしたとか聞いたことありません。

そんな環境を変えるための規制緩和を行い、新規の事業者を参入させることで競争が生まれ、よりサービスがよく、安全・安心の電気を安価で届ける。
これが新電力の目的です。

<新電力のメリット>
・電気代が安くなる
基本的には新電力に切り替えると電気代は下がります。
現在自由化が始まっている工場や企業、学校などでは1~8%ほど電気代の削減ができているようです。

一般家庭においては多彩な料金メニューなどからご家庭にあった料金プランを選ぶことで
電気代を安くすることができます。
各社の料金メニューなどは、2016年1月頃から順次発表されると思います。



・様々なサービス・特典が付いてくる
他業種からの多くの参入により、ポイントがついたり、電話やネットと一緒に契約すると割安になったり電気料金と合わせてお得なサービスを受けれたりといった様々なサービス向上も期待できます。

・地域の活性化につながる
これからの電気の未来は必要な分を必要なだけ取り入れようということです。
スマートグリッドやZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が普及していき、自分の地域で必要な電気は、自分の地域で作って使おうという考え方です。
こうすれば地方の活性化にもつながり、エコな世の中を創ることが可能ですね。



<新電力のデメリット>
・料金プランの選び方で電気代が増えることも。
多彩な料金メニューから選ぶようになるので、間違った選び方をすると電気代が減るどころか増えてしまったということにもなりかねません。
ご家庭の電気の使い方にあった料金プランをしっかりと選ぶことが重要です。
→省エネ・節電の前にしておくこと!

・供給対象エリア外では使えない。
希望の電気料金メニューやサービスを扱う新電力を見つけても、対象エリア外だと契約できない。
しかし、いずれは全国規模に広がることも考えられます。

・新電力会社は倒産の可能性がある。
一般の企業なので事業から撤退や倒産の可能性があります。
しかし万が一の事態でも、電気が使えなくなることはありません。
一般電気事業者(各電力会社)には万が一に備えて電気を供給する義務があるからです。

・新電力の切替に時間が掛かる
一般家庭の場合、電気の計量器を「スマートメーター」に交換しないと新電力を利用できません。
今のところ、従来の計量器からスマートメーターへの交換に費用は掛からないようです。
各電力会社が順次交換していく予定ですが、2016年4月からすぐに新電力に切り替えるのは難しそうです。

<関連情報>
省エネ・節電の前にしておくこと!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村