引っ越しの時、新しく買い替えたばかりのエアコンや、まだ使えそうなエアコンなどは業者さんに依頼して、取り外して新しい住居に移設します。
エアコンの移設
しかし、移設後「効きが悪くなった」という声を聞きます。
なぜ調子が悪くなるのか?移設するときの注意点は?



<エアコンの調子が悪い!?その症状は。>
移設後調子が悪くなった症状として次のようなことがあります。
・エアコンのスイッチを入れた後しばらくすると室外機のファンが回り始めます。回り始めても室内機から冷房時なら冷たい風が暖房時なら温かい風が出てこない。
・エアコンを使用しているとき室外機の音が大きくなった。
・冷房使用時に室内機から水が垂れてきた。
・移設後しばらくして効きが悪くなった。

こうした症状が出た場合は早めに電気屋さんで点検してもらってください。
放っておくとますます症状が悪化して、エアコン自体の故障につながります。
故障状況によっては買い換えできるぐらいの修理代が必要になることもあります。


<何故移設したら調子が悪くなるのか>
エアコンの調子が悪くなる場合、電気部品の故障で急に動かなくなること以外は、何か原因があってもすぐに壊れるといったことはほとんどありません。「最近効きが悪いな」ぐらいの症状から徐々に進行していくことが多いです。エアコン本体が故障していることもありますし、新品時の取付に問題があり知らず知らずの内にエアコン本体の寿命を縮めていることもあります。様々な要因が考えられるので原因を特定することはとても難しいです。
しかし、中には作業不良により調子が悪くなっているエアコンがあるのも事実です。
私もお客様より依頼を受けエアコンの点検に伺うことがありますが、多いのはエアコン本体の故障や経年劣化の場合と、取外し・取付時の作業不良によるものと考えられる場合があります。

<エアコンの調子を悪くする作業不良>
調子が悪いからと点検に伺い、エアコン本体の故障を除いて圧倒的に多いのは「ガス不足」によるものです。
ガス不足になる原因として、
・エアコン本体の溶接部分からのガス漏れ→メーカー修理
・エアコン本体と冷媒管(エアコンの配管)の接続部分からのガス漏れ→作業不良
・配管接続後の漏れのチェックが不十分→作業不良
・取り外し時のポンプダウン(ガス回収)をキチンとしていない→作業不良

などが考えられます。

特に冷媒管の接続部分は作業不良によるガス漏れが起こりやすい箇所です。
フレア加工の不良や締付不足、締付過ぎでフレアナットにひび割れがあってガス漏れを起こしたものもあります。
エアコンフレア加工

また、フレアは一度緩めて外すとフレア加工をやり直さないといけません。冷媒管は銅製で柔らかいので、フレア加工をして締めこむと潰れてしっかりと密着します。一度でも緩めて再度締めこんでも、もう潰れないのでしっかりと密着出来なくなります。移設の際はこの部分を一旦外すので、再度フレア加工が必要です。



通常は冷媒管の作業が終わると冷媒管内の真空引きを行います。真空引きとは圧縮機の中に空気や水分が入ると圧縮不良を起こし故障の原因となるので、真空ポンプを使って冷媒管内の空気や水分を抜き取り真空乾燥させる作業をいいます。この時冷媒管の接続に不良があると判るのですが、しっかりと確認しないでこの工程を終わらせるとガス漏れを見過ごすことになります。

ガス漏れをしていなくてもガスが不足している場合は、取外し時にしっかりとポンプダウンが出来ていなかった可能性があります。ポンプダウンとは室内機や冷媒管の中にあるガスを室外機に戻す(回収する)作業のことです。しっかりとポンプダウンしないと室内機や冷媒管内にガスが残ります。そのまま外すとガスが抜けてしまいます。環境にも悪いのでしっかりとポンプダウンをする必要があります。

ガス不足はそのまま放っておくと暖まらない・冷えないだけでなく、圧縮不良を起こして室外機の圧縮機を傷めることにもなりエアコン自体の寿命も縮めてしまいます。


またエアコンを取り外した際に、エアコンの冷媒管取付口や冷媒管を再利用する場合は冷媒管内にゴミなどの不純物が入らないようにしっかりと養生をした上で運んだり作業することも重要です。ゴミなどの不純物が付いたままエアコンを取付して運転するとコンプレッサーの故障の原因となります。



<エアコンの工事は安心できる業者さんへ>
エアコンの取外しや取付は、道具と経験があれば作業自体はそれほど難しいものではありません。
しかし作業の工程では丁寧な作業が要求されます。適切な作業方法を丁寧にすることで、エアコンの本来の性能と寿命を確保することができますので、工事の価格だけではなく工事の丁寧さやもしもの時に工事後の補償にも対応可能な業者さん選びが重要です。

エアコンの取付・取り外し・移設の工事業者にお迷いなら、安心の1年保証付き!!の「棟梁ドットコム」さんがオススメです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村