電気屋さんが教えるお得な情報!

電気工事の仕事に従事しています。実作業の経験を基に、住宅電気設備のお得な情報を発信しています。

電気屋さんが教えるお得な情報! イメージ画像

新築

新築でお家を建てる時に気にしてほしいのが「分岐回路数」です。新しいお家に入居後に、頻繁にブレーカが落ちてしまうなんて事にならないように、しっかりと計画しましょう。 <分岐回路数の決め方>分電盤の分岐回路数は照明やお部屋のコンセントなどの「標準負荷分岐数
『新築住宅の電気配線。~回路設計編~』の画像

現在新築戸建住宅に限るとオール電化は60%弱もの割合になっています。近年は電気料金が高騰していて、これから新築を考えている方はオール電化の導入に躊躇される方も多いと思います。しかし2016年から始まる電力自由化によって多彩な電気料金メニューが出てくることで、生
『新築住宅の電気配線。~オール電化のメリット・デメリット編~』の画像

市販の空気清浄機は床に置くタイプがほとんどで、結構ジャマになりますよね。そこで、新築や増改築時にオススメの天井埋め込みタイプの空気清浄機をご紹介します。 オススメするのが三菱電機製の「ヘルスエアー機能」搭載 循環ファン(JC-10K)です。天井に埋め込みタイプ
『新築戸建住宅に最適な空気清浄機。』の画像

新築住宅で電気配線を計画するとき照明やスイッチ・コンセントの位置や数に注意が行きがちですが、テレビの配線も入居後に「ここに欲しかった~。」と言われるお施主さんが多いそうです。レトロ Freepikによるベクターデザイン <宅内のテレビ配線>アンテナからテレビま
『新築住宅の電気配線。~テレビ配線編~』の画像

新築住宅のコンセント計画で最も大切なのが「専用コンセント」の計画です。しっかりと計画しておかないとブレーカが落ちたりして不便になりかねません。 一般住宅ですと1つのブレーカ容量は20A(アンペア)です。通常は1つのブレーカから数か所のコンセントへ分岐して、100
『新築住宅の電気配線。~専用コンセント編~』の画像

住宅でのコンセントの位置と数は、住み始めてから色々と失敗に気づきます。図面や建築中ではなかなか家具や家電の位置などをイメージ出来ないからだと思います。「こんなところにこんなコンセントはどうですか!」を紹介します。 <コンセントの高さ>・コンセントの高さ
『新築住宅の電気配線。~コンセント計画編~』の画像

住宅で使用するコンセントには用途によって色々な種類があります。最近では省エネや利便性を考えられたものもあります。 <コンセントの種類>一般的に使用するコンセントは「15A-2P」と呼ばれるものです。これは15アンペアまでの容量で2か所の差込口があるものです。同
『新築住宅の電気配線。~コンセントの種類編~』の画像

スイッチの取付場所や位置や数には注意が必要です。毎日使用するのでしっかり計画しないと不便に感じるまま生活するようになります。 <壁スイッチの取付高さ>スイッチの取付高さは一般には床からスイッチの芯までが110㎝~120㎝です。オススメは床からスイッチの芯ま
『新築住宅の電気配線。~スイッチ計画編~』の画像

住宅におけるスイッチの用途として照明・換気扇が主です。しかし最近はより快適で省エネを意識した高機能なスイッチがたくさんあります。 <スイッチの種類>・スイッチB(片切)1か所の場所にあるスイッチで器具のオン・オフを行います。照明や換気扇・コンセントなどに
『新築住宅の電気配線。~スイッチの種類編~』の画像

新築住宅の電気配線で照明の位置と数でお悩みのお施主様が多いです。お悩みの理由として・明るさが分からない。・どんな風に選んだり配置していいか分からない。・お部屋のイメージにあった照明器具が分からない。・予算内で収めたい。など。 ハウスメーカーさんや設計士さ
『新築住宅の電気配線。~照明の位置と数編~』の画像

新築住宅の照明を選ぶ際には事前にどの部屋にどんな照明を取付けるかを決める必要があります。 様々な種類の照明器具がありますから、それらを使用する場所や用途などを知ることで選びやすくなります。主に住宅の照明には下記の種類があります。・シーリングライト天井に直
『新築住宅の電気配線。~照明の種類編~』の画像

新築を建てられるとき電気配線・設備については工務店さんやハウスメーカーさんの設計図におまかせというお施主様も多いのではないでしょうか? 電気の配線や設備をおまかせする理由として・打ち合わせや決めることが多くてなかなか気が回らない。・メーカーや工務店は電気
『新築住宅の電気配線。~事前打ち合わせ~』の画像

↑このページのトップヘ